患部を冷やす「冷感タイプ」と血行をよくする「温感タイプ」があります。打ち身や捻挫などの急性炎症や、急に運動をして筋肉疲労を起こしている場合は、冷感タイプで熱を抑えます。一方肩こりや腰痛、慢性的な筋肉痛には温感タイプを使いましょう。